名刺に関する情報が満載!

名刺のサイズについて

仕事で名刺を必要としている人も多くいるのではないでしょうか。
自分の情報を相手によりわかりやすく伝えるために必要となりますし、第一印象がそれによって決定をされることとなります。
ですので、作成をするときにはより慎重になって取り組むことが必要となりますし、サイズにも拘りをもって作ることが大切なことになります。
名刺の作成をするときには、その用紙のサイズを事前に決めておくことによって、スムーズに作成をすることが出来ることになります。
仕事に使うものになりますので、その辺りについては十分に慎重になって取り組むようにしましょう。
専門業者に依頼をして作成をしてもらうことが出来ることにもなりますし、パソコンやフリーソフトなどあれば自分で作成をすることも出来ます。
自分に合った方法をとることによって、良いサイズの名刺の作成をすることが出来ることになります。
この動きは今後についても広く行われていくことになるでしょう。

国内で使われる名刺の一般的なサイズ

名刺は仕事を行う上で欠かせないコミュニケーションツールの一つです。
国内で使われている名刺は、ほとんどが長辺91ミリ、短辺55ミリです。
メールアドレスなどを載せるため、横長で使われることが増えています。
この大きさのことを4号サイズと呼ぶこともあります。
名刺入れなどのツールは、この大きさを基準にして制作されています。
そのため、作成する場合はよほど何か特殊な事情がない限りは、この大きさで作ることをお勧めします。
他の方のものと差別化を図るため変形サイズで作成してしまうと、貰った側が保管に困り、手元に保存してもらえないこともあります。
もし個性を出したいのであれば、大きさの変更ではなく相手の迷惑にならない方法、例えば印刷内容や紙の種類、刷り色などのデザインで勝負しましょう。
なお、この標準サイズの面積では書きたい内容が納まりきれないという場合は、二つ折りや巻き込み折りをして表面積を増やすという方法があります。

recommend

最終更新日:2017/4/10